うつ病との接し方とは?向き合い方を知っておけば改善の兆しが見える

重大な決断は避ける

カウンセリング

うつ病は、精神的にもマイナスな方向になってしまいがちなので、偏った判断を下しやすくなります。接し方としては、できるだけ選択式の質問や重大な決断事をさせないようにした方がいいです。

More Detail

気分転換の方法

ドクター

うつ病患者との接し方としては、気分転換に誘うのは極力避けるのが望ましいです。自発的に気分転換したいという言葉を口にするほどの余裕が生まれるまで待つのが最適です。

More Detail

正しい休養の取り方

ハートを持つ医師

うつ病を克服するためには、正しい休養の取り方と接し方を把握するのが望ましいです。症状の度合いによって適切な休み方が異なるので、専門の医師の指示に従えば失敗しにくいです。

More Detail

かけてはいけない言葉

男女

診断テストのすゝめ

ストレス社会と言われている現代では、どんな人でも発症してしまう可能性を秘めている病があります。それは、うつ病です。精神的な症状に部類されているもので、心と体からエネルギーを吸収し続けるので、何かに取り組む気力を失ってしまいます。また、ネガティブ思考に支配されやすいのも特徴の一つです。何をやってもうまくいかないという自信なさげなことを口走るようになってしまいます。大抵の人は、ただ気落ちしていると思ってしまいがちなので、症状を見逃しやすいです。また、うつ病を発症させてしまった本人でさえ、症状にかかってしまったことを認めにくい傾向にあります。自身は本当に症状を発症させてしまったのかが気になるなら、ネットの簡単な診断テストを利用してみるところから始めた方がいいです。

正直に打ち明ける

うつ病を発症してしまった場合、あまり人に悟られるのが嫌だと感じてしまいます。しかし、周りからちゃんとした理解を得るためには症状を発症したことを包み隠さず話した方がいいです。最近では、うつに関する認知度が上がってきているので、どんな接し方をすればいいのかを理解するよう努めてくれる人が現れる可能性が高まります。正直に打ち明けなければ、逆に厄介者扱いされてしまい、正しい接し方をしてくれる人が現れにくくなります。しっかりと症状を改善したいなら、周りの協力が必要になります。堂々と打ち明けて、着実に症状改善を目指していくのがおすすめです。

かける言葉に気をつける

大抵の人は、うつ病患者にかける言葉をどうしようか迷ってしまいます。ただの気落ち程度の精神状態なら、ちょっとしたポジティブシンキングな言葉で立ち直ってくれます。しかし、うつの場合は心と体のエネルギーを吸収されているのと、ネガティブな感情に支配されてしまっているので、立ち直りにくくなってしまいます。もし、知人が症状を発症してしまったら、かける言葉に注意して接した方がいいです。ちなみに、接し方としては、かける言葉としてポジティブな励まし言葉を投げかけるのは控えた方がいいです。誰かを元気づけるのにうってつけな言葉のほとんどが逆効果となり、余計に症状をひどくさせてしまうので、慎重に言葉を選びながら話すのが最適です。また、激を飛ばすかのような励まし言葉も避けた方がいいです。どんどん落ち込んでいってしまいます。患者との接し方としては、励まし言葉をかけるのを避けて、諭すような口調で話したりアドバイスを与えたりするのを基本とした方がいいです。

言葉に迷ったら

会話をしているうちに、接し方がわからなくなってしまうことがあります。いろいろと話していくうちに、どんな言葉をかけてあげればいいのかが思い浮かばなくなることもしばしばあるのは確かです。そんな時は、専門サイトで患者と寄り添うための接し方を説明したサイトを参考にみるのが最適です。NGな言葉も再確認できるので利便性が高いです。