うつ病との接し方とは?向き合い方を知っておけば改善の兆しが見える

気分転換の方法

ドクター

気分転換は避けた方がいい接し方

うつ病の症状を改善させるためには、何か気晴らし的なことをやれば元気になると思われがちです。何か行き詰ったときには、気晴らしで買い物をする、旅行をするといった遊びをするのが最適と感じてしまうものです。健全な心をもっている人なら、心の緊張がほぐれますが、うつ病患者の場合はそうはいかないのです。気晴らしに遊ぶや買い物、旅行に行こうと安易に誘ってしまうと、ネガティブシンキングな思考に支配されてしまいます。体と心のエネルギーが空っぽの状態となっているので、気晴らしの活動を心の底から楽しむことができないからです。誘った人が気分を害してはいけない、失礼になるという気持ちを抱いてしまうので、無理に同行させてしまうと、余計に精神的な負担をかけてしまいます。気分転換をさせれば、精神的に安定しやすくなるからといって、むやみに遊ぶ約束を取り付けようとするのは接し方としては好ましくないといえます。接し方としては、患者を無理やり遊びに誘うのではなく、患者本人から気分転換をしたいという希望が出てくるまで、じっくりと待った方がいいです。誘うのではなく、見守ることで患者の精神に負担をかけずに済むのは確かといえます。

アルコールの付き合いは控える

うつ病患者に提供する食事には、なるべく摂取するのを控えた方がいいものがあります。それは、アルコールです。アルコール飲料は、勤労による疲労やストレスを改善しやすいのと、前向きな気分にもっていきやすいものです。通常の人なら、アルコール飲料を飲んでリラックス状態になりやすいですが、うつ病患者には危険な飲み物です。気分転換にうってつけかもしれませんが、簡単に嫌なことを忘れやすくなったり、快適に眠れるようになったりするため、アルコールに依存に陥りやすくなります。うつの予防でアルコール飲料を利用するのは効果的です。しかし、患者が摂取した場合、苦痛を和らげようと大量に摂取し続けてしまうので、体調の悪化を引き起こしやすくなります。うつ病患者との接し方においては、アルコール飲料を手渡さないようにした方がいいです。

症状改善に理想的な栄養素とは

患者に提供する食べ物は、症状改善が期待できるものが望ましいです。症状改善に効果的なものとしては、豆腐や納豆に味噌といった大豆関連商品です。大豆関連商品の中には、セロトニンがたくさん含まれています。うつの症状を抑制するにはうってつけの食品です。患者に提供する食事で理想的なのは、大豆関連商品をたくさん使った料理です。特に和食は、大豆を使ったものが多くみられるので着実に症状改善にもっていける可能性が高まります。普段の食事では、なるべくセロトニンをたくさん摂取させることを考えて献立を考えるのが最適です。大豆の力で、精神面を落ち着かせるために、関連商品を使用したレシピを調べて献立に組み込んでいくのが望ましいです。